【時間があるから副業を始めるのは損?】安定を目指すなら資産運用を学ぶべき理由

その他の投資情報

人生100年時代、終身雇用の崩壊、国民年金の破綻…

そんな不安定な時代に突入しそうな世の中になってしまいましたね。

「今の稼ぎだけでは不十分!副業・サイドビジネスを始めようかな?」と思って始める人は増加しているようですね。

確かに余裕のある時間があれば、働いてお金にした方がマシ…ですが、時間があるなら資産運用を学んだ方が良いのではないでしょうか?

特に「主婦の方で旦那の稼ぎだけだと将来が心配」「自営業で今後の収入に不安がある」といった人は副業をする前に検討してみてはどうでしょうか。

副業をすれば本当に助かる?見切り発車前に確認すること

  • 家のローン、子供の養育費がキツイ
  • 月3~5万円でも欲しい
  • 空き時間にでも奥さんにパート・バイトを頼みたい

サラリーマンで頑張って働いている友人と久しぶりの飲み会なのに、みんなお金の愚痴をこぼすようになってしまいました。

でも、私は不思議に思ったんですよね。

なぜなら彼は一部上場企業の大手メーカーに働いており、同世代の人たちよりも十分に給料をもらっているはずなんです。

そこで彼の給与明細を見せてもらって(ネットで見れる)、月々の出費を聞いてみると…

確かにギリギリだけど、別にそれ以上必要なの?あと出費がおかしい気がする…

サッと聞いて不自然に思ったのが携帯代です。

めちゃくちゃ高いな〜っと思ったら、格安SIMにしてなかった!さらに聞いていくと、ふるさと納税なども使ったことないし、養育費は嫁に言われるがまま。昔っから入ってる良く意味もわからない保険があって…

なにコレ?

「いや、その辺り全然わかってないんだよね」

「まずはそれを見直せよ!」とツッコミたくなるのですが、私も気持ちはわかります。

マジで仕事大変ですから。

大手企業は給料面でも福利厚生面でも充実してうらやましがられますが、それだけの価値を求められます。

もちろん会社や部署でその程度は全然違いますが、やっぱり大変なんです。

新しいことを調べる体力がない→とりあえずパートでも働いてくれれば月数万円になる→その余裕が安心感に繋がる。

こんな思考回路ですね。

共感する人が多い思考回路ですが、私は圧倒的に微妙だと思っています。

なぜなら、成長する事はないし、横展開することもできないからです。

将来が不安と口にしながらも、目先の不安ばかり目に行っている状態で、月々+数万円入ってくることの謎の安心感を求めているだけ。

実生活で変化をもたらすものではないと思いますから。

副業・パートではなくて何をすべきか?

まずは、将来いくら必要か計算すること。そして逆算して何がいつまで必要かを計算することだと思います。

必要な時に必要な額さえあれば十分ですから。

使わないお金を貯めたところで、何も変わりません。

多くの人はたくさんのお金があれば安心感を得れると考えていますが、「自分が生きる上で必要なお金はある」と思えることが本当の安心感に繋がると思います。

 

で、いざ計算しようとしても、なかなかわからないですよね。

そこで、まずは資産運用の勉強をすべきだと思っているのです。

お金をうまくコントロールできるテクニックを身につければ、将来の漠然とした不安を取り除くキッカケにもなります。

副業・パートなどで働くにしても「いつまでに、いくら必要だから」という明確な理由をもって仕事ができるワケです。

正しく現状を捉えることができれば、自分が何をすれば良いかも明確になるものです。

お金に支配されて闇雲に働くのではなく、お金をコントロールして目標を持って働ける状態に持ってくるのが理想ですよね。

時間も余力もないサラリーマンは妻に頼ってみたら?

先ほどの内容をくどくどと友人に伝えたところ…

「わかるんだけど、やっぱりできそうにない…」

私は株・FXと行ったトレードを頻繁にしてますから、「お金」に関しては世間一般の人よりちょっとは詳しいでしょう。

自分で勉強したのでわかりますが、まあややこしいですよね。

日本語、めっちゃ難しいンゴ

全然わかんねぇ…ワカンねぇ…

などとボヤきながらもコツコツ勉強していたら、無知な方から見たらまあ知識があるように見えるそうです。

助けてあげたくても一朝一夕では伝えれませんし、資産運用の責任ももてません。

そこで、閃いたのが

奥さんにパート・副業をさせるんじゃなくて、資産運用の勉強をしてもらったら良いんじゃね?

という事でした。

そもそも奥さんが漠然とした不安を抱えていた

お金の話になると「妻が〜で、〜円必要で…」といった小言が多いとボヤく人は多いんです。

冷静に考えると、まあ当然の事でしょう。

嫁として子育てをしつつ、夫の稼ぎを待つ立場を考えたら、「自分には収入はないし、夫に頼らないといけないし、でもお金はないし…」という将来の不安に真正面から向かい合わなければいけません。

そりゃストレスも溜まって、愚痴を言いたくなりますよ。

結果、その不安を旦那さんに伝えるワケです…が、仕事で疲れた旦那さんから見ると「小言ばかり言われる、お金の話をしてもどうしようもないのに。」となる。

言い方はちょっと微妙ですが、「不安の源泉は奥さんから生まれている」ケースが非常に多い気がします。

だからこそ、

奥さんが資産運用を学べば、漠然とした将来の不安に対して冷静に向き合えるようになる。

結果、全てが好転するじゃないか!という理屈です。

資産運用できる奥さんが最強説

専業主婦といば「炊事・洗濯・家事・子育て」などが仕事ですよね。

個人的な意見ですが「炊事・洗濯・家事」は昔ほど重要でなくなっている気がします。

家電の普及や、外食産業などのサービスの普及、家まで来てプロが料理を作ってくれるサービスまであります。

昔なら大金を払って人と雇わないとできないような事が、少額のお金でできるようになってしまいました。

『時代』ですね。

そして、これからは人生100年もあるのに「自助でなんとかして!」って政府が言ってる時代です。

100%資産管理が重要になってきます。

長期的に見れば、余裕がない旦那さんの最大の助けになるのは「資産管理」だと予想しています。

結婚相手を探すときでも重要な指標になるかもしれないですね。

奥さんが資産管理を勉強するのは嫌がるだろ

「うちの嫁、絶対嫌がって勉強しないわ」

はい、論破されました(笑)

(そうやろなぁ…)

詳しく聞いていると、

  • ウチの嫁はそういった判断ができるタイプではない
  • 絶対に嫌がってしない
  • 資産運用を勉強するくらいなら、パートに行く方がマシって言いそう

などなど、ボロクソに言われましたorz

お金を扱う資産運用はやっぱり怖いですし、責任もちたくないでしょうからね。でも、奥さんもこのスタンスだからずっと不安なままなんでしょうけど。

ムムム…難しいですな。

結局、堂々巡りになってしまうので、強烈なキッカケがないと厳しいですよね。

何か方法はないかな〜と調べたら、「 bookee 」というサービスがあったので紹介しておきます。

今注目されているbookeeとは?

bookee

知らない人にとっては、怪しさMAXかもしれませんが、2019年6月4日に『報道ステーション』などに取り上げられた事もありますし、あらゆるメディアで紹介されています。

コンセプトは「お金のパーソナルトレーニング」で、資産運用をはじめとするお金のノウハウをマンツーマンで学ぶ事が可能。

30日間全額返金保証なんかもついてるんですけど、

  • 表参道・原宿、銀座、丸の内、池袋の合計4店舗
  • 料金がウン20万~30万円とバカ高い

料金は高いですけど「無知で資産運用する方がよっぽど損!」とbookee側は言ってるようです。

本当ならば安い買い物ですけど、どのレベルの事を教えてくれるかわからないですし…

ただし、女性限定で初回無料体験ありらしいので、奥さんに行ってもらうのはアリですし、結婚願望のある独身女性なら婚活の強い味方になるでしょう。

【余談】最終的には副業にも繋げれるけどね

bookee で高額な料金を学ぶだけの価値はあるのか?

「勉強」なので、結局はその人次第でしょう。

でも、資産運用・投資の重要性は、社会的に見てさらに伸びるのは火を見るより明らかです。

だって政府が「年金だけでなく、自分でなんとかしてね」っていってますからね。

今はまだワイワイ言ってるだけですが、数年〜数十年後には「資産運用」の知識・テクニックの需要がヤバイほど増えてそうですね。

なので、女性で資産運用の方法を知っている・実績があるという人に価値が出てくると思います。

  • ブログ・SNSで情報を発信する
  • 本(電子書籍)を出版する
  • 女性、主婦向けの資産運用のコンサルをする

その辺りのパートに行くより、よっぽど副業として儲けれる可能性が高いと思いますけどね。

副業・パートをしても疲弊するだけ!資産運用のスキルが先決!

副業・パートでの短期的な収入は一時的なもので、根本的な安心感を生んでくれルものではありません。

人間って余裕がなくなると、目先の利益ばかり追い求めがち。

特に「お金」の話になるとなおさらですよね。

まだまだ、体も頭を動く時代にしっかりと資産運用の勉強をすべきではないでしょうか?

 

ちなみに…

友人は家に帰ってから「資産運用の勉強しない?」とおそるおそる聞いたら、「どういう事?」と結構食いついてきたみたいです。

専業主婦の女性だと「興味はあっても動き出せない人」が結構多いようですね。

良いキッカケになってくれたら幸いです。

コメント