Brain(ブレイン)の情報商材に注意!煽られて騙されないでね

質問者

パチンコやパチスロで自分だけが勝てる特別な情報が欲しい…

こう思った事があるのは、僕だけではないだろう。

昔から『攻略法』などと呼ばれる情報商材の類が溢れていますが、ほぼ全てがガセと呼べるものだと思う。

中には正統派で勝つ方法を指南してくれる、動画・ブログなどもありますが、地道な努力の積み重ねの結果ばかり言われても魅力に感じないですよね。

突然ですが、2020年1月末に『Brain(ブレイン)』と呼ばれる知識共有プラットフォームサービスがリリースされた。

なんのこっちゃ?と思うかもしれないですが、新手の情報商材詐欺に気をつけてください。という内容になっています。

Brain(ブレイン)とは? システムや特徴について

ブレインとは自分のコンテンツを販売できるプラットフォームで、有料のデジタルコンテンツ・サービスを販売する事ができます。

めっちゃ簡単に言ったら、いろんな情報商材が売ってます。

類似サービスとしては「note」が有名ですね。パチンコ・パチスロ攻略記事を買ったり、書いたことがある人もいるかもしれません。

このブレインとnoteなんですけど、決定的違いとして、

ブレインのコンテンツはアフィリエイトできるという点。

コンテンツをブレインに投稿し、有料記事を誰かが購入すれば儲けになるはもちろん、

このコンテンツを紹介した人から購入すると、紹介者も収益を得れるシステムとなっています。

(売り上げの何%与えられるかは、コンテンツ作成者によって設定された利率になっています。)

brain(ブレイン)の紹介料率

一例

上記のコンテンツの場合、14,800円で売られており、紹介料は20%なので、

普通に売れる→コンテンツ作成者に14,800円

紹介から売れる→コンテンツ作成者に11,840円、紹介者に2,960円

という感じに、紹介者にもメリットがあるので『良かったコンテンツは積極的に拡散されやすい』ですが、同時に『クソコンテンツでも拡散されやすい』といった特徴を持つ事になります。

僕が思うブレインの問題点とは

↓端的に悪いように使うとこうなる

マ○チ商法にしか見えない点ですね。

人から人へ金銭が絡んで拡散するシステムなので…でも法的にはセーフなんだろうけど。

(詳しくはよくわからないんで、こちらの記事を参考に)

紹介料目当てで宣伝する人ばかりになる

コンテンツの良し悪しは関係なく、紹介料を目的として拡散する人が必ず出てくると思われます。

リリース後2日経過した時点で執筆していますが、この時点で既に「あ〜…やってんなぁ…」って感じのコンテンツを投下している人が結構います。

片っ端の記事の紹介リンクをコピーし、Twitterやブログに貼り付けてる人とかですね。

コンテンツ作成者からすると美味しいシステム

このような紹介料目当てで拡散されても、コンテンツ作成者からすると基本的に美味しいです。

「コンテンツの質が悪くてもお金が入ってくる」のはそうですが、

本当に優良なコンテンツを拡散された時の爆発力は物凄いと思います。

コンテンツ作成者からすると、一定の利率をキックバックするので『損』のように感じますが、自分が有能であるなら、もっと多くの人に広めれるメリットの方が明らかに大きい。

やはり『ファン』を増やす事って収入を安定させる上でとても重要。

パチスロ関係でいうと1GAME てつさんがオンラインサロンを始めて会員を募集したところ、3000人近く集まったのはご存知でしょう。1ヶ月2,200円もするのに…です。

このレベルになると、長い時間をかけてコツコツと信頼を積み上げる必要がありますが、ブレインのようなシステムで拡散した方がより加速度的に信頼を得れるでしょう。

「こんな凄いやつがいたんだ…」と。

Brain(ブレイン)に投稿されている記事

  • オンラインサロンの勧誘
  • Youtubeチャンネル登録者数、SNSのフォロワーの増やし方
  • せどり、転売、アフィリエイトで儲ける方法

などなど…

興味のない人だったら全然魅力に感じないと思うけど、「稼ぎたい」「モテたい」みたいな欲求を煽る系が多い。

秒速でぶち上げる系は親和性高いですからねw

真っ当に立ち回りましょう

パチンコ・パチスロで勝てない…と悩んだすえに情報商材に手を出してしまおうと考える人は多いと思います。

でも、そう言った悩みにつけ込まれて、しっかりと絡みとられてしまいますよ。

情報商材自身は100%否定しません。中には有益な情報が書かれており、拡散させたくないという意図で有料化する人もいるでしょう。

オリラジの中田さんのオンラインサロンは「変な奴を排他して、みんなで金集めて面白い事しようよ」ってコンセプトだった?気がしますが、このような意図で有料にするならば、全然納得できます。

何言おうとしてたんだっけ?

そうそう、Brain(ブレイン)の情報商材には気をつけてね。

 

コメント